麻の葉オンラインショップ

商品検索はこちらから商品を探す

5,000円以上のお買い上げで送料無料
ギフトラッピングアイテム
  • 手ぬぐい名入れは1枚からできます
  • 手ぬぐいオリジナル制作
  • 新規会員登録で200ポイントプレゼント
  • 手ぬぐいを使って
  • 受け継がれる伝統の技
  • 麻布十番麻の葉のメールマガジン
  • 手ぬぐいのアート蒼
  • 手ぬぐい専門店 麻布十番麻の葉の最新情報
  • 手ぬぐい専門店麻布十番麻の葉
  • 麻布十番麻の葉のInstagram
  • 麻布十番麻の葉のtwitter
  • 麻布十番麻の葉のfacebook
  • 手ぬぐい 「シマエナガ」
  • 手ぬぐい 「シマエナガ」
  • 手ぬぐい 「シマエナガ」
  • 手ぬぐい 「シマエナガ」
  • 手ぬぐい 「シマエナガ」
  • 手ぬぐい 「シマエナガ」

手ぬぐい 「シマエナガ」

 四季・冬
評価1
評価2
評価3
評価4
評価5

5.0

(4件)

1,650(税込)

15ポイント還元

商品コード 2801
数量

この商品について問い合わせる

 
 

手ぬぐい「シマエナガ」


「雪の妖精」の愛称で親しまれる野鳥「シマエナガ」かわいらしく染め上げた冬の手ぬぐいです。

つぶらな瞳にふわふわの白い羽毛、首をちょこんとかしげるかわいらしい仕草はまさに妖精そのもの。赤い木の実を付ける「ウメモドキ」の枝で、からだを寄せ合いちょっと一休み。雪の中から顔を出しているコも。冬の空は温かみのある日本の伝統色「碧色」で染めました。

インテリアとしてお部屋に飾れば、寒い冬もほっと温かくなるような、癒し手ぬぐいです。


90×35cm 
綿100% 日本製


Tenugui Towel "Long-tailed Tit"

 

The long-tailed tit is a wild bird also nicknamed “Snow fairy”. This “fairy” can be recognized by its lovely round eyes, a short neck and fluffy white feathers. Taking a short break on "Umemodoki" branch covered with red nuts, birds are angling heads, under the snow. This peaceful drawing will make you feel warmer in winter.


Size:90×35cm
100% Cotton  Made in Japan

 

この商品のレビュー

  • こでぶさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    松竹歌舞伎会の「ほうおう」の表紙になっているのを見て買わずにはいられませんでした。色もデザインもほっこりかわいいです!これは細川染めなんでしょうか?赤い実がとても良いアクセントになってます。

    2021/12/12 15:11

  • ぽんさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    松竹歌舞伎会 会報誌の表紙で見て、購入しました。とっても可愛くて気に入っています。ほっこりします。

    2021/12/11 22:22

  • ぬーぴーさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    シマエナガ大好きで購入しました。色も可愛いのでバッグの持ち手に結んだりして使用しています。この絵柄で他のアイテムもぜひ作ってほしいと思います!

    2021/08/15 10:18

  • しまこさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    シマエナガグッズのコレクターです。シマエナガの手拭いなんて珍しいと思い、即購入しました。写真で見るよりも実物はもっと可愛かった。シマエナガ物、もっと欲しいなー、期待しています。コレクション用にするか飾るか悩んでます…

    2020/11/25 18:51

レビューをお願いします!

ギフトラッピングはこちら

こちらの商品もおすすめ


手ぬぐいを飾る

手ぬぐいを額縁やタペストリー棒で飾ると素敵なインテリアになります。季節やイベントによって手ぬぐいを入れ替えて、暮らしの中でを日本文化をお楽しみください。

  • 手ぬぐいを額縁を使って飾る
  • 手ぬぐいをタペストリー棒を使って飾る


受け継がれる伝統の技

「麻の葉」の手ぬぐいは、伊勢型紙、注染染めという昔ながらの伝統的な技を受け継いだ熟練の職人の手により一枚一枚丹精込めて染め上げられます。

  • 和紙を柿渋で張り合わせた型紙地を使い、小刀で1つ1つパーツを彫っていきます。

  • さらし木綿の上に型紙をセットした木枠を下ろし、糊を1枚1枚付けていきます。

  • 糊が付いたさらし木綿を重ねて、染料を注ぎます。

  • 丹精込められて染め上がった手ぬぐい。ぜひお手に取ってお楽しみください。



Back