麻の葉オンラインショップ

  • 手ぬぐい 「歌舞伎衣裳・妹背山」
  • 手ぬぐい 「歌舞伎衣裳・妹背山」
  • 手ぬぐい 「歌舞伎衣裳・妹背山」
  • 手ぬぐい 「歌舞伎衣裳・妹背山」
  • 手ぬぐい 「歌舞伎衣裳・妹背山」
  • 手ぬぐい 「歌舞伎衣裳・妹背山」

手ぬぐい 「歌舞伎衣裳・妹背山」

評価1
評価2
評価3
評価4
評価5

5.0

(1件)

1,650(税込)

15ポイント還元

商品コード 6181
数量

この商品について問い合わせる



手ぬぐい「歌舞伎衣裳・妹背山」


歌舞伎の演目「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」四段目の登場人物・お三輪の衣裳を元にデザインし、熟練の職人が注染手拭いに染め上げました。染色作家・影山のり子による原画シリーズです。

酒屋の娘お三輪が恋しい男のために犠牲となる哀れさが、観客の涙を誘います。「十六むさし文様」に段鹿の子の「麻の葉文様」を組み合わせた衣裳は、お三輪の可憐さを表しているようです。

手ぬぐいに見られる「麻の葉文様」は六角形状に六個の菱形を結んだ幾何学文様です。風水では調和を表す六角形の中に、魔除けを表す三角形が構成されていることから、麻の葉文様は最強の魔除けの文様とされています。また、麻は丈夫ですくすくと伸びることから、その生命力に肖ろうと赤ちゃんの産着や下着などによく用いられています。

手拭に込められた縁起の良い意味と共にお正月飾りやお年賀、誕生日プレゼントや出産祝い・初節句祝いなどおめでたい時節のプレゼントにおすすめ。また、日本の伝統工芸品「手拭」は外国の方へのギフトやおみやげにも喜ばれます。

サイズ:90×35cm
綿100% 日本製

 


Tenugui "Kabuki Costume-Imoseyama”

A character in the fourth stage of the Kabuki play "Imoseyama Onna Teikin. The costume of OMIWA is designed on this tenugui. The pity of Omiwa, the daughter of a liquor shop owner, sacrificing herself for the man she loves brings tears to the eyes of the audience.The design combines the "Juroku Musashi pattern" with the "Asanoha pattern," which seems to represent the dainty character.

It is recommended not only for Kabuki fans but also for those who love handmade goods.
It would be wonderful to use this tenugui as materials to make eco-bags and handkerchiefs to take to Kabuki performances.

Size: 90x35cm
100%Cotton  Made in Japan

レビュー投稿をお願いします!

お客様のレビュー

  • 歌舞伎大好きさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    松竹歌舞伎会の会報誌の表紙で見て速攻購入しました!6月の歌舞伎座演目にもありましたね。発色もとてもよく、衣装がそのまま再現されていて歌舞伎ファンとしてこの上ない作品です。飾るかタオルとして使うか…どうしようかな。

    2024/06/26 19:35

ギフトラッピングはこちら

こちらの商品もおすすめ

手ぬぐい名入れは1枚から

お祝いに、記念品に、手ぬぐいに名前を入れてプレゼント! 既存の型を組み合わせて名入れする「個人ネーム」と、お持ち込みのロゴを使って名入れする「ロゴマーク名入れ」の2通り。 ご注文から営業日1週間で出来上がります。

  • 名入れ手ぬぐい

    出産祝いや母の日、父の日など家族の記念日にお名前入りの手ぬぐいをプレゼント

  • 手ぬぐい名入れ1枚から

    応援しているアーティストのお名前を入れて差し入れに

  • ロゴ名入れ

    ローマ字で名入れをして外国の方への日本土産に

  • 名入れ手拭い1枚から出来ます

    企業のロゴやマークを入れてお年賀や販促品に



手ぬぐいを飾る

手ぬぐいを額縁やタペストリー棒で飾ると素敵なインテリアになります。季節やイベントによって手ぬぐいを入れ替えて、暮らしの中でを日本文化をお楽しみください。

  • 手ぬぐいを額縁を使って飾る
  • 手ぬぐいをタペストリー棒を使って飾る


受け継がれる伝統の技

「麻の葉」の手ぬぐいは、伊勢型紙、注染染めという昔ながらの伝統的な技を受け継いだ熟練の職人の手により一枚一枚丹精込めて染め上げられます。

  • 和紙を柿渋で張り合わせた型紙地を使い、小刀で1つ1つパーツを彫っていきます。

  • さらし木綿の上に型紙をセットした木枠を下ろし、糊を1枚1枚付けていきます。

  • 糊が付いたさらし木綿を重ねて、染料を注ぎます。

  • 丹精込められて染め上がった手ぬぐい。ぜひお手に取ってお楽しみください。



Back