麻の葉オンラインショップ

商品検索はこちらから商品を探す

  • 【阿波徳島】 藍染め手ぬぐい② 桜

【阿波徳島】 藍染め手ぬぐい② 桜

 藍染め・泥染め
評価1
評価2
評価3
評価4
評価5

4.5

(2件)

3,850(税込)

35ポイント還元

商品コード 2329
数量

この商品について問い合わせる



徳島阿波藍染め手ぬぐい「桜」
 

藍染めの産地・徳島の藍染め作家 原田史郎さんが工房で自ら藍をたて手染めした「藍染め手ぬぐい」のシリーズです。天然染料ならではの深い藍色と、美しいデザインが魅力の作品です。
 

天然染料・藍染めの歴史

藍染めの染料「藍」が最古の染料と言い伝えられています。その歴史はなんと紀元前3000年までさかのぼるとも言われています。時代によっては染料としてだけでなく「解毒」や「止血」の効能を持つ薬の役割も果たしてきました。
 

マスクの生地にもおすすめ!藍染めの効用

抗菌作用があるため、手作りマスクの材料として注目されています。 藍染めで染められた手ぬぐいは柔らかい風合いが広がりお肌にも優しいので、肌のデリケートな方や赤ちゃんの肌を包むのにも好まれています。
 

JAPAN BLUEの魅力

藍染めが表す藍色は「JAPAN BLUE」と呼ばれ、 日本だけでなく海外でも多くのファンを魅了しています。徳島の自然が生み出す藍の美しい色は、奥ゆかしさや深みを感じさせてくれ、日本文化そのものを表しているようです。

藍染め染料は「生きている染料」と言われ、 5年10年と歳月を経るごとに生地にその色が定着し、色に深みが出てきます。長くお使いいただくことで、年を刻みながら「藍染め手ぬぐいの魅力」をお楽しみいただければ幸いです。


サイズ:100×35.5cm
綿100% 日本製(徳島県)
 

Tenugui "Indigo Dyeing No.2-Cherryblossoms"
Indigo dyeing is a traditional dyeing method existing since ancient times in Tokushima Prefecture (Awa in old name) where most of its dye called Sukumo is produced still now. This item, created by hand work through many steps of dyeing to express different shades and by various elaborate techniques of tie dyeing, is sold exclusively at Asanoha Shop.

Size:100×35.5cm 100% Cotton
Made in Japan(Tokushima)

 

この商品のレビュー

  • こてつさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    4

    原田史郎さんによる藍染作品には、独特の趣きがあります。この桜紋様の手拭いは、斜めにグラデーションが掛かっており、アート性の高い仕上がりに満足しています。剣道の稽古や試合の際、春のシーズンに面手拭いとして愛用しています。

    2021/05/02 03:04

  • こてつさん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    原田史郎さんによる藍染作品は、実に趣きがあります。この桜紋様の手拭いは、斜めにグラデーションが掛かっており、アート性の高い仕上がりです。剣道の稽古や試合の際、春のシーズンに面手拭いとして愛用しています。

    2021/05/02 02:48

レビューをお願いします!

ギフトラッピングはこちら


手ぬぐい名入れは1枚から

お祝いに、記念品に、手ぬぐいに名前を入れてプレゼント! 既存の型を組み合わせて名入れする「個人ネーム」と、お持ち込みのロゴを使って名入れする「ロゴマーク名入れ」の2通り。 ご注文から営業日1週間で出来上がります。

  • 名入れ手ぬぐい

    出産祝いや母の日、父の日など家族の記念日にお名前入りの手ぬぐいをプレゼント

  • 手ぬぐい名入れ1枚から

    応援しているアーティストのお名前を入れて差し入れに

  • ロゴ名入れ

    ローマ字で名入れをして外国の方への日本土産に

  • 名入れ手拭い1枚から出来ます

    企業のロゴやマークを入れてお年賀や販促品に



手ぬぐいを飾る

手ぬぐいを額縁やタペストリー棒で飾ると素敵なインテリアになります。季節やイベントによって手ぬぐいを入れ替えて、暮らしの中でを日本文化をお楽しみください。

  • 手ぬぐいを額縁を使って飾る
  • 手ぬぐいをタペストリー棒を使って飾る


受け継がれる伝統の技

「麻の葉」の手ぬぐいは、伊勢型紙、注染染めという昔ながらの伝統的な技を受け継いだ熟練の職人の手により一枚一枚丹精込めて染め上げられます。

  • 和紙を柿渋で張り合わせた型紙地を使い、小刀で1つ1つパーツを彫っていきます。

  • さらし木綿の上に型紙をセットした木枠を下ろし、糊を1枚1枚付けていきます。

  • 糊が付いたさらし木綿を重ねて、染料を注ぎます。

  • 丹精込められて染め上がった手ぬぐい。ぜひお手に取ってお楽しみください。



Back