麻の葉オンラインショップ

商品検索はこちらから商品を探す

  • 手ぬぐい「トンボ(紺)」

手ぬぐい「トンボ(紺)」

 総柄・江戸小紋・無地
評価1
評価2
評価3
評価4
評価5

5.0

(1件)

1,100(税込)

10ポイント還元

商品コード 4330
数量

この商品について問い合わせる


手ぬぐい「トンボ(紺)」勝ち虫

手ぬぐい「トンボ(紺)」剣道

手ぬぐい「トンボ(紺)」蜻蛉

手ぬぐい「とんぼ(紺)」男性へのプレゼント
※こちらの畳紙をご希望の方は、ご注文時に「畳紙」をカートにお入れください
 


手ぬぐい「トンボ(紺)」


トンボは「前にしか進めない」という習性から「勝ち虫(かちむし)」と呼ばれ「不転退」の縁起物として武士から親しまれていました。現代でも剣士に伝承され、剣道で使う手ぬぐい柄として好まれて使われています。また、害虫を取り除く貴重な益虫として「五穀豊穣」の象徴ともされています。

鎌倉時代から「褐色(勝ち色)」として武士から愛されてきた「紺色」で染め上げました。
 
古くから江戸小紋柄として愛されてきた「とんぼ」柄はハンカチとしてはもちろん、赤ちゃんの産着や手ぬぐいマスクなどさまざまな用途で使いやすい手ぬぐいです。

受験や勝負事のお守りとして願いを込めて贈るのもおすすめです。

 
サイズ:90×35cm
綿100% 日本製

 


Tenugui "Dragonfly (navy)"


This is a tenugui with dragonflies pattern dyed in navy blue, which has been loved by samurai since the Kamakura period (1185–1333) as a "winning color".

Dragonflies were called "kachi-mushi" (meaning "victory bug") because of their habit of only moving forward, and were popular among samurai as good luck charms for "never turning back. Even today, it has been handed down to swordsmen and is used as a favorite pattern for kendo's tenugui. It is also a symbol of a good harvest as a valuable insect that removes pests.

The dragonfly pattern has been loved by Japanese people since ancient times. Even today, it can be used in a variety of ways, not only as a handkerchief, but also as a handmade material for making baby clothes, masks, etc.

Size: 90x35cm
100% Cotton  Made in Japan

この商品のレビュー

  • 剣道さん

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    5

    小学生の息子の剣道用として利用させて頂きました。 青と迷ったのですが、今回はこちらの紺で。 伝統的な模様と紺の色合いがとても良かったです。

    2020/05/07 16:32

レビューをお願いします!

ギフトラッピングはこちら

こちらの商品もおすすめ


手ぬぐい名入れは1枚から

お祝いに、記念品に、手ぬぐいに名前を入れてプレゼント! 既存の型を組み合わせて名入れする「個人ネーム」と、お持ち込みのロゴを使って名入れする「ロゴマーク名入れ」の2通り。 ご注文から営業日1週間で出来上がります。

  • 名入れ手ぬぐい

    出産祝いや母の日、父の日など家族の記念日にお名前入りの手ぬぐいをプレゼント

  • 手ぬぐい名入れ1枚から

    応援しているアーティストのお名前を入れて差し入れに

  • ロゴ名入れ

    ローマ字で名入れをして外国の方への日本土産に

  • 名入れ手拭い1枚から出来ます

    企業のロゴやマークを入れてお年賀や販促品に



手ぬぐいを飾る

手ぬぐいを額縁やタペストリー棒で飾ると素敵なインテリアになります。季節やイベントによって手ぬぐいを入れ替えて、暮らしの中でを日本文化をお楽しみください。

  • 手ぬぐいを額縁を使って飾る
  • 手ぬぐいをタペストリー棒を使って飾る


受け継がれる伝統の技

「麻の葉」の手ぬぐいは、伊勢型紙、注染染めという昔ながらの伝統的な技を受け継いだ熟練の職人の手により一枚一枚丹精込めて染め上げられます。

  • 和紙を柿渋で張り合わせた型紙地を使い、小刀で1つ1つパーツを彫っていきます。

  • さらし木綿の上に型紙をセットした木枠を下ろし、糊を1枚1枚付けていきます。

  • 糊が付いたさらし木綿を重ねて、染料を注ぎます。

  • 丹精込められて染め上がった手ぬぐい。ぜひお手に取ってお楽しみください。



Back